重陽の節句

メジャーじゃないけどメジャー級のお節句

菊の節句とも言われる、長寿を祈る一年で最後のお節句。

一月一日  年始は「若松・根引き松」
三月三日  雛の節句は「桃の花」
五月五日  端午の節句は「菖蒲」 
七月七日  星逢・七夕「梶の葉に笹竹」

陰陽の陽が奇数で、陰は偶数です。

陽の奇数で最大の9が二つ重なった9月9日。

だから重陽の節句!メジャー級にめでたいのだ!

佳き日(奇数)が重なり寿ぐ(ことほぐ)のだと!

おもろ~じゃないですかい?

これを知ったのは「ちょっと茶道具屋」の葉摘先生の

茶の湯のブログです。

茶の湯には陰陽五行がふかぁ~く関わってるんだそうな

奥が深くておもろ~です。

菊の花、菊花酒、きせわた(菓子)、椀物に菊の花って

そういうことだったのかぁ・・・

なんか気持ちがリッチな気分で嬉しいです。

こういうことを知るって、得した気分です。

いつも勉強になります~姉さんありがとう♪
[PR]
by pearlmaman | 2008-09-09 09:04 | 雑記