救急救命教室

救急救命教室@防災センター

シーサイドのお兄様方主催で地引網に備えての

万が一の人命救助にむけて簡易講習会がありました。

交通安全から4人参加しましたよ。全部で十数人でした。

防災センターは近いのに初めて入りました。

別のグループは消化体験をしています。

地震体験「震度7」もあるそうです・・・やってみたい 009.gif

救命講習はすでに2回ほど受けていましたが、やはり忘れてる!

しかも心肺蘇生のガイドラインみたなのも代わってきている。

定期的に受けた方が良いとつくづく思いました。
f0153479_13563910.jpg

1時間半の簡易講習でしたが、初耳の事が盛り沢山です。

◆ 溺れてる人を助ける場合は、何か物を媒体にする事!
  (溺れてる人は必死で水面から顔を出したいので、しがみつくから
   助けに行った人が溺れる事に・・・。どんなに泳ぎに自信があっても
   絶対に飛び込んで助けに行ってはいけないんだそうな。
   こんな時は浮き輪・傘・ペットボトルなどを手の届くところに
   放り投げて引っぱってやる事だそうです。掴めば安心する。)

   そういえば、TVの「はねるのトびら・ギリギリッス」のコーナーで
   ドランクドラゴンの塚地くんが腰の周りに500mlのペットボトルを
   紐に結んでボトル何本までならプールの底の海老を取れるか?

   って、事をしていましたが、90キロの塚地くんでも14-5本で
   ギブアップ!ってことは子供なら少ない本数で浮いちゃうんです。
   1本でも顎の下に置けば、顔が浮くから随分違うんだとか。

   あんなもんでねぇ~と、感心しちゃいます。

◆ 人工呼吸2回と胸骨圧迫30回がワンセットの心肺蘇生
   (一昨年は胸骨圧迫は15回だった)

   どこか忘れたけど大学病院の研究によれば人工呼吸をせず
   胸骨圧迫だけを続けても、ほぼ同じ結果になるんだそうな。
   心臓マッサージのリズムは「どんぐりころころ♪」と一緒。
   歌ってる場合じゃないけど、まぁそんな感じの速さが良いんだって!
f0153479_14351194.jpg

人工呼吸用の携帯フィルター?みたいなもの・・・感染予防にもなるし
防災センターで売っています、230円くらいです。

◆ AEDを使う時は、身体の水分をしっかりふき取る事。
  (AEDにはその機能が働く最低限の電気しかないので
   余計な水分で電気が流れるとAEDの機能が低下する)

   海だったら乾燥した砂浜に上げて(引き上げる時も首は固定)
   水着の水分をふき取るか脱がせて拭くか、貴金属ネックレス等
   通電して火傷するからはずす事、ペースメーカーを入れてたら
   その部分を避けて、パッドを張ればいいのだそうです。
f0153479_1438065.jpg

みんな真剣に実技練習です、ひじをしっかり伸ばして上半身は
結構前のめりです、自分の体重で押すような感じ、重労働やね!

「もっと強く押してください!」と職員のお兄様が・・・

「はいっ」と私。押してるつもりだけど・・・まだ弱いのかぁ・・・

「強すぎます!」とお兄様。

「どっちやねん!」・・・難しいゎぁ・・・。

もしも倒れてる人や溺れてる人に遭遇したら・・・したくないけど

少しは役に立てるかもしれないけど、パニクルよねぇ・・・

もしもパールがそうなったら、赤ちゃん用の心肺蘇生が出来るかな?

きっと小動物も一緒だと思うけど、今度先生に聞いてみよう!


   
  
[PR]
by pearlmaman | 2008-06-28 13:29 | 地域活動