読書の春

f0153479_16175018.jpg

確定申告に行ったら2時間待ちだった 005.gif

ウォーキングスタイルだったし、浜を30分ほどぶらぶらして

リトルカフェへ(SRPセンタービルの1F)隠れ家みたいなとこ!

ママ一人だった、こないだの壮行会のお礼やらママチャリ通勤のこと

何故ママチャリかって?レースがあるんだそうですよ! 003.gif

ママがそんなアクティブな女子とは知りませんでしたぁ~

いろいろおしゃべりしてたらママが読書家だって知った。

沢山図書館で借りてきて読んでるんだそうな。

私もこの頃長風呂のために読書するので話も弾んだゎ。

そんで、ありがとう・感謝します・応援してるって言葉の話に

それ!ッ聞いた事ある!

どおりで共通の友人からだった・・・ 053.gif

で、私の好きな番組で「恋する日本語」の話になり

「美人の日本語」につながるんだけど、ママも同じ本を持ってた。
f0153479_16312858.jpg

わぁ~何だか嬉しくなって来た。

で、良い事聞いちゃったっ ♪

朗読をするって!声に出すとカツゼツも良くなるし!

うんそうだ!エネルギーも使うし口周りの筋肉も使うし

耳からも入ってくるしで良い事尽くめね?

それに日常使う言葉や聞く言葉って結構ワンパターン

エッセイや「美人の日本語」みたいなショート読み切りは

朗読に向いてるし、普段使わないような綺麗な言葉や

言い回しで気持ちもほっこり豊かになって良いですよぉ~

って、ママって若いのに素敵~そうだそうだとすっかり感激。

早速、バスタイムに実行しようと思った。

それから、「江戸の占い」?って本だったかな。

占ってみたら(占い方は超シンプル)大吉だったのだ。

ますますテンションが上がるゎ。

カフェに寄って良かったなっ 016.gif

そうそう「美人の日本語」から・・・

「餞」 はなむけ

(あなたの進む方向へ)

旅立ちや門出に際して贈る言葉や金品などのことを、餞といいます。
昔は、旅立つ人の乗った馬の鼻を、行き先へと向けて見送るという
習慣があったそうです。そこから、馬の鼻向けという言葉ができました。
餞とは、「鼻向け」だったというわけです。

旅立つ者には、少なからず不安があるもの。まして、当時の旅は
危険がつきものです。そんな時、馬の鼻を行き先に向ける・・・
つまり、背中を押してあげることが、何よりの思いやりだったのですね。

本当にやりたい事であれば、きっとたくさんの人の瞳が、あなたの背中を
押してくれます。
どうか、進みたい方向をまっすぐに見つめてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春は旅立つ人も多いので引用させて頂きましたぁ~
[PR]
by pearlmaman | 2011-02-22 16:16 | 雑記